カードワースだよ全員集合

CWのシナリオレビューを中心に

七人目の冒険者

七人目の冒険者 ★★☆☆☆
15分 レベル3~5
 
戦闘が何度かあり、探索は一本道。聞き込みは形だけ。ほぼ読み物系。ウルトラセブンのパロディ。発想はギャグだが、内容は至って真面目。
シナリオの開始時に口調と役割を設定できる。6人パーティじゃないと開始できないのに、役割と口調の設定が3つしかない。
用意されている口調はどれも極端で、キャラクターのイメージが自分の中で細かく出来上がっている人は気に入らないかも。役割を設定したキャラ以外は発言しない。
ハートや怒りマークなどの感情を表す記号の多用はかなり気になったが、テキストは読みやすく、流れるような会話とテンポの良さに惹きつけられる。
カードを配置した視覚効果が上手く機能している。見せ場のシーンではカードを回転させながら文章を表示しているだけなのだが、ちゃんと戦っているように見えるのはお見事。

少し軽すぎるノリは好みの分かれるところで、人を選ぶシナリオ。そういう物だと思ってプレイすれば、読み物としての出来はそこそこ。しかし、NPCの「ダン」「アンヌ」というそのまますぎる人名は変えてほしかった。

真面目にやってもギャグはギャグというか、ギャグシナリオには触れるのも嫌、というプレイヤーには向かない。